企業と大学のコラボによる太陽光発電

東京都内にある大学では、複数の企業と組んで太陽光発電をより効率的に行えないかという実験を行っているのですが、このほど発表されたことによると、最大で火力発電に追いつくくらいの効率の良さを発揮できるようになりました。
今までよりもかなり熱効率の高い太陽光発電の方法を開発し、さらに今後企業が商品化に向けて動き出すということで、非常に期待の沸く話題として多くの人が喜んでいます。
null実際に複数の企業によってすでに着手されているということなので、今後は太陽光発電の熱効率の良さや、可能性には期待が高まります。
太陽光の熱効率がアップすると、現在のものをさらに機能アップすることができ、結果、東京都内の一般家庭や企業への場遺伝率が高まる可能性が高まります。
複数の企業では農業などにも積極的に取り入れたいということでしたので、現在導入されている分野だけではなく、さらに多くの分野での活躍が期待できます。
実際に農業では非常に多くの電力を必要としていることは知られていますが、中でももっとも大切なものとして、温室があります。
温室では現在石油などの化石燃料によって温室内の暖房を行っているところが多いのですが、太陽光発電システムの効率がアップしたことによって、化石燃料に頼らずに熱源を確保し、農業の効率アップや売電によって設備改修費用などを積極的に取り入れることも可能になるでしょう。
日本の食卓がクリーンエネルギーによってさらに向上する可能性も期待できます。