ソーラーパネルで太陽光発電。

黒いソーラーパネルに太陽の熱を当てることで電力を発生させる方法を太陽光発電といえいます。
この太陽光発電ですが、日中の太陽の光を利用することで発電を行うため、みだりに資源を使用せず、また、二酸化炭素の排出などが行われないため、非常にエコロジーな発電方法といえます。
nullさらに最近では、原子力発電所の利用が控えられていることで節電が求められています。
そのような節電要請に対しても太陽光発電が役立っています。
そして、発生した電力はためておくことができるため、万が一停電になった場合には、その電力を使用することができるため、災害に備える面からみても良いシステムだといえます。
さらに電力会社に売却をすることもできるため、広大な土地にソーラーパネルを設置して、太陽光発電で得た電力を売ってお金に換えている人もいます。
ここ数年で、太陽光発電の導入が広まってきており、個人宅の屋上にソーラーパネルを設置する等、企業の建物の屋上にソーラーパネルを設置する人が増えてきています。