杉並区の我が家に太陽光発電をつける

私の両親と一緒に暮らす家を杉並区で建てました。
杉並区は閑静な住宅地が多く、街もきれいで交通の便もよく、高齢の両親にもとても住みやすいと思い、田舎から呼び寄せました。
実は父が半身不随で介護が必要なので、私は今在宅で仕事をしているのですが、そのせいもあって、日中は家で電気を使うことがとても多いのです。
今話題の太陽光発電を設置したのは、家を建てて3年後だったのですが、当初は随分と悩みました。
たいていは新築の工事と一緒に設置するそうなので、合わない屋根材があったり、無理な工事をして既存の屋根を傷つけたりすることもあり、さらに工事費が掛かることもあって、どうしようかと随分悩みました。
それでも太陽光発電についてはすごく魅力的に感じていたので、思い切って展示会に行ってみて、いくつかのメーカーに直接話を聞き、自宅に来てもらってシミュレーションもしてもらいました。
メーカーによって少しずつ発電効率が違ったり、搭載できるワット数が違ったりして、どれがいいのか悩みましたが、営業の方の人柄や価格なども考慮して、日系の有名メーカーに決めました。
工事は意外と早く、契約したその月には来てくれ、2日ほどで設置が終わりました。
設置している間はメーカーの営業の方がチェックに来てくれていたので、安心できましたし、きれいに設置してもらえたと思います。
設置して改めて屋根を見ると、見違えたように見え、感慨深いものがありました。
おかげさまで日中も電気を心配することなく使えるようになり、精神的にも随分楽になりました。