太陽光発電の寿命とは

太陽光発電は中野区でもよく見かけるようになりました。
住宅の屋根などを見てみますと、黒い太陽光パネルがしっかりと見えるようなものになっているのです。
そのような太陽光の発電システムですが、特に新築住宅で利用する時にはしっかりと見ていく必要があります。
新築住宅というものですが、かなり長きにわたりまして利用していくことが一般的な事になっているのです。
最近では40年間や50年間住宅を使っていくことも珍しいことではありません。
ですので、太陽光の発電システムを導入するケースにつきましては、その発電システムの寿命というものを確認していくことが必要なのです。
新築に利用するわけですので、長持ちしていただきたいと思うものでしょう。
では、実際に寿命というものなのですが、太陽光パネルにつきましてははっきりとしたことが分かっていないのです。
短いというわけではありません。
かなり長いということではっきりとしていません。
パワーコンディショナなどは、10年程度とも言われています。
しかし、太陽光パネルに至りましては、30年間や40年間使っても平気であった事例などいくつもあるのです。
ですので、新築で取り付けましても、太陽光パネル自体はほとんど寿命は問題にならないということが言えるのではないでしょうか。
あまり気にされないでもよろしいというものになっているというわけなのです。
ただし、年々発電量は落ちることもありますので、それは認識しておいてください。